オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

カウンタ

あなたは720693人目です

メニュー

同窓会長あいさつ同窓会の活動お知らせ住所変更総会について会則個人情報保護方針同窓会報沿革支部会等の活動
静岡工業清水工業新規2新規3科学技術高校その他
問い合わせ

お知らせ

ここは静工S31電気科「二日会」の活動の様子を掲載するページです。
 

日誌

静工S31電気科「二日会」
2014/11/17

静工卒業60年「第30回二日会」開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 私たち52名は、昭和31年3月、静岡工業高校電気科3年1組を卒業した。それから60年の間に「二日会」の名の下に隔年1回のペースでクラス会を開催してきた。
 卒業時は不況のさなかで、約半数近くは就職先が決まらず苦労したが、約1~2年の間に大手企業に次々就職し、神奈川、茨城、埼玉、愛知県等、遠方に就職する者が数多くいた。このことからクラス会は、正月に実家に帰郷するだろうから正月二日に決めようと、「二日会」と命名された。

 今年は、卒業60年「第30回」の記念すべきクラス会をイベント的な会にしようとの発案があり、ちょうど科技高祭が10月25日(土)に行われることを知り、この日に合わせて実行することになった。
 いよいよ10月25日、晴天に恵まれ絶好の行楽日和となり、計画どおり、旧静岡工業高校発祥の地、葵区太田町の「静工校址碑」を見学し、清水公園から谷津山に登り、市街を展望しながら、思い出の「旧NHKラジオ鉄塔」下に向かった。(卒業の日に勇士で鉄塔の中段に上った思い出が懐かしい)
 天気が非常に良く、谷津山三等三角点の頂上からは、県立総合病院から南アルプスの稜線まではっきり確認でき、すがすがしい気分に浸った。
 山頂神社から下りに入り、ピクニック広場で科技校を遠望し、護国神社に下山。ハイキング参加者は11名だった。
 この間、予想外だったのは、JR東海主催「さわやかウオーキング」とバッティング、千人を超すウオーカーと対面通行を余儀なくされ、狭い山道で何回も渋滞したこと。
 科技校では、同窓会常任理事の西澤君が特別に裏門を開け、首を長くして待っていた。
予定より大幅に遅れたが、慌ただしく学校祭を見学、同窓会展示室に13名が揃った。

 その後、駿河区曲金の駿府天然温泉「天神の湯」へ移動、体を癒し、2Fレストランにて会食した。懇親会では、学校在学中の写真を持ち込み思い出を語り合った。入学から1~2年はエントツのある木造校舎で学び、3年の途中から鉄筋の新校舎で学んだこと、マラソン大会、富士登山、修学旅行で八幡製鉄を見学したこと等々の思い出話、過去の「二日会」や現存者40名の消息、各自の体調の話など話題は尽きず、あっという間に2時間半が過ぎた。
 まだまだ元気な、喜寿を迎えた13名は、最後に校歌「古城の東…」の斉唱と一本締めで閉会とした。
                           (二日会会長・富坂 武) 

11:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)