オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人

カウンタ

あなたは720415人目です

メニュー

同窓会長あいさつ同窓会の活動お知らせ住所変更総会について会則個人情報保護方針同窓会報沿革支部会等の活動
静岡工業清水工業新規2新規3科学技術高校その他
問い合わせ

お知らせ

ここは静工県庁土木会の活動をおしらせするページです。
 

日誌

静工県庁土木会
2019/11/15

第41回静工「県庁土木会」盛会に

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

令和元年118日(金)、第41回静工「県庁土木会」を葵区伝馬町の「ホテル・シティオ静岡」で開催した。会員は現役と退職者の58名で組織されており、今回は21名が参集した。

 現役若手の菊元貢氏(H2卒)の司会で始まり、萩原範将会長(S53卒)の挨拶では、岩手県山田町に派遣され東日本大震災の復興に貢献している会員の報告があり、続いて参加最年長の望月至氏(S28卒)の乾杯の音頭で懇親会に移った。

 各テーブルでは、今年各地を襲った豪雨災害の話題や、当時県下に大災害をもたらした昭和33年の狩野川台風、同49年の七夕豪雨の災害復興に携わった経験談、また久しぶりに再会した方々からは家庭菜園等の趣味や健康の話題で会話が弾み、杯を重ねて時間を忘れ盛り上がり楽しい秋の一夜を過ごした。

 会の後半では、元応援団長の大久保裕之氏(S51卒)のリードのもと静工校歌・応援歌を大合唱してさらに盛り上がった。最後に次期会長・中村和弘氏(S54卒)の来年も元気に再会を約す挨拶でお開きとなった。

                                   (大橋康邦)

                            
                        
11:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/16

第40回 静工「県庁土木会」開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

平成30年11月9日(金)、第40回静岡工業「県庁土木会」を市内葵区の「ホテルシテイオ」にて開催した。会員は現職及び退職者で会の趣旨に賛同する方々58名で、今回は30名「現職7名、OB23名」が参加した。
会は現役若手の菊元貢(平2卒)氏の司会のもと、山田薫夫会長(昭52卒)の挨拶に続き、参加最長老の望月至(昭28卒)氏の乾杯の音頭で懇親会に移った。
会長及び現役からは最近の県庁での話題、久しぶりに再会した方々は趣味や健康のこと等で会話が弾み、土方の名に恥じぬ威勢のいい飲みっぷりで予定の時間をオーバーする盛会であった。
会の後半では全員が円陣を作り、元応援団の大久保裕之(昭51卒)氏のリードで校歌:応援歌を高らかに合唱してさらに盛り上がった。
最後に次期会長萩原範将(昭53卒)氏より来年も元気で再会することを約してお開きとなった。


                                                                            (大橋康邦)


                   
13:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/05

第39回「県庁土木会」現職・OBが和やかに交流

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 静岡工業高校同窓会「県庁土木会」が1117日(金)、市内葵区「ホテルシティオ静岡」にて開催された。本会は、静工土木科を卒業した現役職員および退職者で会の趣旨に賛同する方々(総数62名)で構成され、今回は26名(現職9名、OB17名)が参加した。

 会は菊元貢氏(平2卒)の司会で始まり、会長より本年度以降現職が6名となるため会の運営について各地区幹事と今後相談したい旨の挨拶があった(会長は現役職員より選出)

 引き続き青島昌平氏(昭33卒)より、静工100年記念行事が盛会で感動した旨の挨拶と乾杯の音頭で懇親会に移った。

 今回出席の最高齢者である市川晟治氏(昭24卒)から特別に挨拶を頂き、それぞれのテーブルでは、現役職員からは最近の県庁での話題、また、久しぶりに再会したOBからは趣味や体調の事などで歓談が弾み、予定の時間をオーバーする盛会であった。会の後半では全員が円陣を組み、元応援団の加藤和政(昭38卒)、大久保裕之(昭51卒)両氏のリードのもと校歌・応援歌を合唱して、さらに盛り上がった。

 最後に次期会長の山田薫夫氏(昭52卒)の挨拶で、来年も元気に再会することを約束してお開きとなった。                  (会長・鈴木嘉則=昭52卒)



12:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/11/25

「第38回県庁土木会」現職とOB和やかに

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 静岡工業高校同窓会「県庁土木会」が1111日(金)、今年は会場を葵区の「ホテルシティオ静岡」に変更して開催された。本会は静工土木科を卒業した現役県庁職員および退職者で会の趣旨に賛同する方々から成り、会員総数は62名で構成されており、今回は35名(現職8名、OB27名)が参加した。

 会は菊元貢(H2卒)氏の司会で始まり、会長挨拶に続き望月至(S28卒)氏の乾杯音頭で懇親会に移った。それぞれのテーブルでは、現役職員からは最近の県庁での話題、久しぶりに再会したOB会員からは趣味や体調に関する話などで盛り上がり、予定の時間をオーバーする盛況ぶりだった。

 会の後半では、全員が円陣を作り肩を組み、会長のリードのもと応援歌・校歌を合唱してさらに盛り上がった。最後に次期会長の鈴木嘉則(S52卒)氏の挨拶で来年も元気に再会することを約束してお開きとなった。

(会長・大久保裕之=S51卒)


08:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/12/01

旧静工同窓会「第37回県庁土木会」開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 旧静工同窓会「第37回県庁土木会」が116日(金)、葵区のマイホテル竜宮で開催

された。

 本会は、静岡工業高校土木科を卒業した静岡県職員及び元職員で、会の趣旨に賛同する

方々から成り、会員総数62名(現役10名、OB 52名)で構成されている。

 例年2月に開催されていたが、今回開催時期の変更にもかかわらず前回より多い36

が参加した。

 懇親会は、菊元貢氏(土H2卒)の司会で始まり、会長挨拶に続き、本年4月に逝去

された野田先輩(土23卒)のご冥福を祈って、増井辰彦氏(土29卒)の献杯発声の後、

宴会に移った。

 それぞれのテーブルでは、久しぶりに再会する会員相互の現況報告やOBから現役職員

へ心温まる激励など、予定の時間も瞬く間に過ぎた。

 会の後半には、全員で校歌、応援歌を歌って大いに盛り上がり、次期会長の大久保裕之

氏(土51卒)の挨拶と次回も元気に再会することを約束してお開きとなった。

                          (会長:遠又康郎=土51卒)


13:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/03/23

静工「第36回県庁土木会」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
平成27年2月6日(金)、静工同窓会の「第36回県庁土木会」を静岡市葵区のマイホテ
ル竜宮で開催した。
 本会は、旧静岡工業高校を卒業した静岡県職員及び元職員で、会の主旨に賛同する方々で構成されており、会員総数63名(現役11名、OB52名)で、当日は31名が参加した。
 会に先立ち、今年1月30日に牧野博氏(静土27卒)、2月4日に大澤永司氏(同30卒)
が続けて逝去され、両先輩のご冥福を祈って黙とうを捧げた。
 懇親会は、現役若手の菊元貢氏(同H2卒)の司会のもと、会長の挨拶に続き、望月至
氏(同28卒)による乾杯の音頭に始まり、土方の名に恥じぬ威勢がいい飲みっぷりと大きな笑い声が響き、現役職員は相変わらず元気なOBに圧倒されながら会話も弾み、あっという間に時間が経過した。
 会の後半には、恒例となった出席者全員での記念撮影に続き、加藤和政氏(同38卒)に
よる息を切らせながらのエールで、高らかに校歌と応援歌を歌い上げ、名残惜しみつつ散会した。                       (会長・紅林勇=静機48卒)

08:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/03/20

平成24年度「県庁土木会」懇親会

Tweet ThisSend to Facebook | by:サイト管理者
平成24年度「県庁土木会」懇親会
平成25年2月8日(金)、第34回静工高同窓会の「県庁土木会」が、静岡市葵区のマイホテル竜宮で懇親会を開催した。
本会は、静岡工業高校を卒業した県職員のうち、会の主旨に賛同する方々により構成されており、会員総数は67名(現役12名、OB55名)で、当日はこのうち37名(現役5名、OB32名)が参加した。
 会の冒頭には、今年度亡くなった吉岡先輩、杉岡先輩に黙祷をささげ、ご冥福をお祈りした。その後、鈴木嘉則氏(静土52卒)の司会により始まり、市川晟治氏(静土24卒)の乾杯の音頭で懇親会に移った。それぞれのテーブルでは、会員相互の現況報告や健康自慢に病気自慢、また、OBから現役職員への心温まる激励等、予定の時間も瞬く間に過ぎていった。
 県庁土木会の会長は例年、当年度退職者が会長の職を務めることになっているが、今年度は退職者がいないため、会発足以来初めて2年連続で会長を務めることとなった。会員のうち現役会員が2割以下となり、今後の運営方法を検討する予定である。
 会の最後には、厳しい寒波を吹飛ばすかのごとく全員で校歌と応援歌を歌って大いに盛り上がり、次期会長の長橋充雄氏(静土47卒)の挨拶と次回の再会を約してお開きとなった。
(会長・長橋充雄=静土47卒)


14:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)