オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

カウンタ

あなたは728345人目です

メニュー

同窓会長あいさつ同窓会の活動お知らせ住所変更総会について会則個人情報保護方針同窓会報沿革支部会等の活動
静岡工業清水工業新規2新規3科学技術高校その他
問い合わせ

お知らせ

ここは静工建築科35年卒同期交流会の活動をお知らせするページです。
 

日誌


2017/05/03

旧静工建築35年卒同期交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 東京都心も桜から新緑がまばゆい季節へと足早に移り、鯉のぼりが翻る風景も見かけた427日(木)と28日(金)、東京組が幹事を担当し恒例の「静工建築35年卒同期交流会」を開催した。

 静岡の仲間は東京を見る機会が少ないので、今回は「東京見物&寄席を観る集い」とし1日目は、東京スカイツリー~上野国立西洋美術館~日本科学未来館~お台場大江戸温泉物語(泊)。2日目は、浅草寺界隈散策~浅草演芸ホール寄席(約5時間)というコースを企画、静岡組7名、横浜組7名が参加して春の旅行を満喫した。

 初日は、天候はうすぐもり。東京スカイツリー・350m展望デッキからの眺望はいまいちながら話の種にはなった。続いて上野・国立西洋美術館へ。フランス人建築家ル・コルビュジエ設計で世界遺産登録となった建物を改めて観察、もちろん企画展も鑑賞。この後、新交通ゆりかもめでお台場へ。日本科学未来館では最新科学技術に目から鱗。

 東京の温泉はこれぞ! と、お台場大江戸温泉物語に泊まり、ここで14人揃っての宴会。2日目は、初夏を思わせるような天候。「ゆりかもめ」で新橋経由浅草に出て、浅草寺周辺を散策。ここでの発見は、寺院の屋根瓦もチタン製に変わったこと。耐候・耐震性に優れ、輝きも土瓦とは異なる。昼からは落語寄席をたっぷり観賞して夕刻解散となった。  

乗り物を乗り継ぎ、歩き、よく食べ、よく飲んだ2日間だった。

静工(建)同期交流会(春の旅行)http://news.ap.teacup.com/aohyaku/338.html

                                                      (竹田 一政

 

 

11:56 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)